• 2020.1.23 ホームページをリニューアルいたしました。
  • 2020.1.23 ホームページをリニューアルいたしました。

脳発達関連商品

ソフトバランサー【前庭系:平衡感覚を養います】
ソフトバランサー【前庭系:平衡感覚を養います】
脳の前庭系の平衡感覚機能を養う ソフトバランサー 平衡感覚は、歩行する、ジャンプする、大きな動作や小さな動作をするためにも必要な神経系の運動です。ソフトバランサーはスポンジ製なので、床に対して滑りにくく出来ています。(足型も印刷ではなく、スポンジで作られています。) <遊び方> 1.多動で動きの激しい子どもが、ソフトバランサーに乗って、自分で身体感覚を調整することで、脳の前庭系に自ら刺激を求めています。不安定な体の動きを調整することで、子どもの動き方が次第に緩やかになります。 2.平衡感覚機能は重力との関係で、生きている我々には非常に重要な機能です。アメリカの特別支援学校では、教室の中にソフトバランサーが置かれて、子どもがいつでも使える工夫がされていました。 ●色/赤・青 ●サイズ/37.5×37.5×6㎝ ●耐荷重/100㎏ ●材質/EVAスポンジ ●製造国/日本 ●商品番号/HM44R(赤)・HM44B(青) メーカー直送につき、送料別途がかかります ※メーカー直送品のため、その他商品と同梱できません。ご了承ください。 ※その他商品とご一緒に購入された場合、システム上送料がまとめられてしまいますが、後程、訂正させていただきます。 Q:脳の前庭系領域(三半規管周辺)は何をしているの? A:前庭系感覚は人間が原始時代からの生存競争に打ち勝つためにも、最も重要な感覚機能だといわれています。三半規管と呼ばれる内耳の中に前庭系の受容器があり、人の動き、感じ方、自己の身体感覚、環境からの刺激のすべてと関連しています。 前庭系はバランスをとる役割があり、子どもの感情や筋肉の発達、そして視覚、言語、覚えたり集中したりする能力についてもまた不可欠な役割を果たしています。
¥ 20,020